助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

ストレス、疲れているときに運転しない

ストレス、疲れているときには運転をしない。運転は非常に大変な頭脳労働です。

 

疲れが溜まっている時の運転は当然事故のリスクも上がります。

 

こういった場合はこまめに休憩を取るなどして対応しなければなりません。

 

他にも風邪気味、二日酔いなどのときは運転しないほうが良いでしょう。

 

特に長距離運転の時は事故のリスクが大幅に上がります。

スポンサードリンク