助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

適切なスピードを保つ

道路の大小に合わせて適切な速度で走ることが肝心です。運転に慣れるとついついスピードを上げてしまいます。

 

住宅道を60キロなどで走ったり、停止線からすぐスピードを上げたり、高速道路を猛スピードで走ったり。

 

スピードを出せば、それだけ事故を起こすリスクが跳ね上がります。そして死亡率も跳ね上がってしまいます。

 

自分の運転の腕を過信しないでくださ。その姿勢が事故のリスクを減らします。

 

しかし、どこでも控えめに走れば良いというものでもありません。車全体の流れというものがあります。

 

その流れがあるのに、一人だけ遅いスピードでいると逆に事故にあう恐れがあるので注意してください。

スポンサードリンク