助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

性病

性病でも命の危険性があります。それが聞いたこともあるとおもいますがエイズです。

 

エイズとはHIVが細胞の中で増殖する病気です。そうすると、免疫力が著しく低下して、普段は感染しない病原体にも感染しやすくなり、さまざまな病気を発症してしまいます。

 

この病気の状態をエイズと言います。この状態は命に関わる状態と言えます。

 

エイズにならないためにはどうすればいいでしょう?それにはまずHIVの感染経路を知ることです。

 

感染は、粘膜(腸管、膣、口腔内など)および血管に達するような皮膚の傷からであり、傷のない皮膚からは感染しません。

 

そのため、主な感染経路は「性的感染」、「血液感染」、「母子感染」となっています。

 

そして私たちの注意による感染は性的感染によるものになります。

 

しなければならないことがコンドームの着用です。コンドームは医学には100%という表現は使えませんが、ほぼ確実にエイズを防げるそうです。

 

そして危険かもしれない人との性行為は避ける。そうすれば感染は避けられるでしょう。

スポンサードリンク