助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

無料保険比較

保険は非常に重要な事柄です。加入することももちろんですが、見直しも大切です。保険は毎年新しいものが出ており、年々保険料は減少傾向にあります。見直してみると同じような内容の保険に倍額ほど高く保険料を払っていた、という事もよくあることです。

 

生命保険に加入している人はどれくらい?いるのでしょう。日本は生命保険大国といわれるぐらい加入者が多く、そのため価格面でも物凄く割安です。

 

日本では日本人の約8割の人が保険に加入しています。さらに残りの人も金銭的に余裕が無くでしかたがなく保険に入っていないという人が大半です。

 

つまり、ほとんど人が保険に加入しているか加入したいと思っているのです。

 

こんなに改まって言うことでもありませんが保険は入っていて当たり前です。それは、それだけみんなが加入したがるお得なシステムだからとも言えます。

 

では、どの保険が良いのか?どの保険が自分に合っているのか?ですが、これがかなり難しいです。

 

それもそのはず、保険はかなり複雑です。例えるなら高校の数学の教科書より分厚い資料をすべて理解しないといけないぐらいです。

 

ですので保険というのは保険をアドバイスするアドバイザーさんに相談しながら行うのが基本にあります。

 

下記に無料相談・保険比較相談の有名サイトをご紹介しています。

 

信頼できるアドバイザーに出会うことが最良の保険の選び方・見直しになります。保険を選ぶのも大事ですが、アドバイザーさんの人柄や熱心さを見ていくもの大切です。

 

その過程で何社かに見積もりを頼んで一番納得した保険を選ぶといいでしょう。

 

しかし、やはりある程度は保険のことについて知っておいたほうがいいでしょう。そこで知っておくべきポイントをご紹介します

 

大体月どれくらいの保険料が一般的なのか

保険の統計を取ったところ、年収別に月いくら払っているかというと、年収300万円未満で月額平均1.45万円、年収300〜500万円未満で月額平均1.63万円、年収500〜700万円未満で月額平均1.75万円、年収700〜1000万円未満で月額平均2.05万円となっています。

 

年齢が若ければ平均より安く、逆に高齢であれば平均より高く設定するといいかもしれません。

 

保険に何が必要か考える

当たり前の事ですが、意外と大事です。漠然とした希望だけでもいいです。もし亡くなった時に少しでも多く家族にお金を残したいのか、最新医療が受けられる保証の厚い保険がいいのか、最低限の保証でいいから保険料をできるだけ安くしたいのか、糖尿病家系だからそれだけ手厚く保証してもらいたいなど、こういった保険にしたい、というのを持っておきましょう。

 

保険に入り続けるメリット・変えるメリット

保険は続けるメリット・変えるメリットがあります。保険は続けたほうが良い場合と、変えた方が良い場合があります。毎年お得な保険が出ていますし、保険料も減少傾向だからです。一方長期的に続けると安くなっていたり、景気が良いときの保険の方が保障が厚かったりします。

 

要は、保険に入る、保険を変える場合はよく考えて行動しなければならないということです。めんどくさいと簡単に決めず、色々なところを比較して決めていきましょう。

 

これより詳しくはもらったパンフレットやアドバイザーの意見を聴いて考えるといいでしょう。最良の保険を選びましょう

 

 


満足度調査で96%の方が役に立ったと回答!全国対応でご指定の日時にご指定の場所で相談OK!保険料を3〜4割安くするテクニック満載!相談申込み件数累計15万件超。 どこの保険会社にも属さないプロFPに無料相談することができ、中立的な立場から間違いの無い保険選びができます。


生命保険ドットコムは日本最大級の保険無料相談の老舗です。47都道府県に240人以上のファイナンシャルプランナーを抱えており、全国どこでもきめ細かいサービスを受ける事ができます。顔写真や経歴、保有資格などを公式サイトに掲載しており、情報公開を心がけている信頼の持てる保険無料相談所になります。

スポンサードリンク