助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

海外旅行

海外旅行は非常に危険を伴うものです。いくつか注意しなければいけない事柄があります。

 

危ない国には行かない

大前提です。国ごとに危険度が全然違います。危ないとされている場所には行かないほうが無難です。

 

日本人はお金持ちだ、という風に思われており日本人は狙われやすいです。

 

ハイリスクエリアを調べる

同じ国でも場所によって危険度は違います。大通りを一つそれるだけで危険な場所に出ることも沢山あります。

 

見た目を気をつける

お金持ちのような格好をしない、肌を露出しないなどは非常に重要です。ほかに、おどおどしない、筋肉をつけるなども意外と重要な要素です。

 

持ち物を分散する

要するにリスク分散をしましょう。最悪スリに合ってもお金を沢山分散していれば大使館までいけます。

 

荷物を常に手放さない

泥棒にとってのハードルを上げることが大切です。私は絶対に荷物を放さない、という姿勢を持つと泥棒も狙い難くターゲットにされません。

 

断る、無視する

海外では様々な客引きや勧誘などがあります。そういうのも危険で、笑いながら対応したりなんかするとお金をふっかけられたり、話している途中にスリにあったりします。

 

夜行動しない

次の目的地にはなるべく午前中に到着するのがベスト。夜は一気に危険度が上がります。

 

宿選びに妥協をしないこと

程度の低い宿だとセキュリティーが皆無な場所が沢山あります。さらに宿側が泥棒と繋がっていたり、宿自体が泥棒を働いたりする場合もあります。

 

走る、叫ぶ

いざという時は走る。これがかなり大事です。すこしでも不穏な空気を感じたのなら、全力で逃げてください。

スポンサードリンク