助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

風呂

実は入浴というのは非常に危険です。風呂に入ること自体が危険というわけではありません。風呂に入るというのはキッカケになりやすいのです。

 

入浴中の突然死で死亡する人は、全国で約2万人もいると推定されております。

 

その原因は、血圧の急激な変化です。ある程度脳や心臓に危険な要因がある場合、血圧の急激な変化がキッカケとなって脳出血や急性心筋梗塞と脳梗塞を起こすのです。

 

入浴すると身体は変化をきたします。寒い脱衣場で服を脱ぐので血管が収縮。浴槽に入り湯につかると、血管の拡張と循環血流が改善することによる、血圧の急激な下降。寒い脱衣室に戻ることによる急激な血圧の上昇。

 

これが突然死を引き起こすのです。

 

予防法としては、かけ湯をして温まる、ゆっくり浸かる、熱いお風呂に入らない、肩までつからないなどが大切です。

スポンサードリンク