助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

インフルエンザ

インフルエンザは命の危険があります。特に強いインフルエンザが生まれた場合は爆発的に死亡者が増えます。

 

風邪とインフルエンザは症状も原因も症状もはっきり異なります。

 

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴と言えます。

 

インフルエンザに感染すると、38℃以上の高熱や筋肉痛などが全身を襲います。

 

気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になるなどの合併症を起こすこともあります。

 

インフルエンザの予防には何を置いてもワクチンの接種が一番です。流行シーズンを迎える前の11月ごろの接種をおすすめします。

スポンサードリンク