助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

運動

運動を行えば主な効果として生活習慣病の予防、アンチエイジング効果、肥満の解消(ダイエット)効果などがあります。それ以外の効果もまだまだ沢山あります。

 

これらは総死亡、高血圧、糖尿病、癌などの様々なリスクを減らすことがわかっている非常に重要な要素です。

 

運動は大きく2つに分けられます。有酸素運動と無酸素運動です。健康のために行うのに適しているのは、有酸素運動になります。

 

呼吸をしながらする運動は、筋肉に送られた酸素により、糖(グリコーゲン)や脂肪が水と二酸化酸素に分解されます。

 

するとエネルギーが生成され、効率の良い運動ができるわけです。健康づくりのために行う運動には、体に優しい有酸素運動が適しています。

 

有酸素運動にはウォーキング、ジョギング、フラフープ、エアロビクス、スイミング、自転車(サイクリング)、 ボクササイズなどがあります。

 

適切な運動量は人によって様々ですが、最低でも1日20〜30分の運動を、週3日以上というのが目安になります。運動をよくする人は多めに行い、運動をあまりしない人は徐々に量を上げていきましょう。

 

あと、有酸素運動の場合60分×1回の運動と、6分×10回は、ほぼ同じ効果が得られることがわかっています。自分のニーズに合わせて運動をおこないましょう。

スポンサードリンク