助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

腎不全

腎不全の原因

慢性の腎不全の原因のほとんどが腎臓の病気からです。腎臓疾患が悪化すると、腎不全が起こります。

 

病気が原因の場合は、慢性腎炎、糖尿病性腎症、腎硬化症(じんこうかしょう)、嚢胞腎(のうほうじん)などになると腎不全になりやすくなります。最近の傾向では糖尿病性腎症が増えてきています。

 

慢性腎炎は菌による感染、糖尿病性腎症は食生活と運動不足、腎硬化症は高血圧が主な原因で、腎嚢胞のはっきりした原因は不明です。

 

なので糖尿病や高血圧にならないようにする生活習慣こそが、腎不全の予防と言えます。

 

さらに腎不全は生活習慣がもっとも大きな要因とされています。運動不足と肉などの脂肪食の取り過ぎによる肥満、高血圧、糖尿病などが腎不全をもたらす大きな要因です。

 

また、喫煙も腎障害を進め、腎不全のリスクを高める要因です。その他塩分の取りすぎ、加齢、極度のストレスなどが重なれば、それだけ腎臓の疾患にかかる可能性が上がります。

 

腎不全の予防

腎不全の患者の多くが、糖尿病や高血圧を患っています。つまり一番の予防は生活習慣病の改善という事です。

 

糖尿病や高血圧症を防ぐことが腎不全予防の基本となります。

 

そして、前提としてしなければならないのが病院に行くということです。

 

腎不全は自覚症状がほとんどなく、気づくことなく進行する病気です。

 

初期では自覚症状がほとんどなく、自覚症状が出た場合は腎不全がかなり進んでいます。

 

ですので定期検査が最大の予防策となるのです。

 

腎不全の症状

腎不全は末期に到るまでほとんど症状が無いのが特徴です。

 

腎不全は腎機能が70%に低下しても自覚症状はほとんどなく、腎機能が30%くらいになって初めて症状が出ます。

 

しかも、その症状は疲れやすい、食欲がない等の軽い症状なため腎不全と気づきにくいです。

 

腎不全は治ることは期待出来ません。移植以外では一生透析療法を受けなければなりません。定期的な検査を受けましょう 。

スポンサードリンク