助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

腎不全

腎不全は現在死因の第8位を占める病気です。腎不全とは腎臓の機能が低下してしまった状態を指します。

 

腎臓の主な機能は私達の体にある老廃物をろ過して尿にして排泄するという機能です。

 

腎不全には急性腎不全と慢性腎不全があり、命に関わるのは慢性腎不全です。

 

急性腎不全は多量の出血や薬剤などが原因となって急激に腎臓の機能が低下しますが、適切な治療法を受けた場合、かなりの確率で治ります。

 

これに対して慢性腎不全では、慢性の腎臓病が徐々に悪化して腎機能が低下していきます。

 

この老廃物をろ過する機能が通常の30%以下の状態が腎不全となります。慢性腎不全を治す有効な治療法はありません。

 

慢性腎不全の怖いところは、末期になるまでほぼ自覚症状がないということです。

 

気付いた時には末期、そんな場合がよくある病気です。

 

一般的に良く言われているのは、腎不全になり透析を行わなければならなくなった場合、平均余命は5年だと言われています。

腎不全記事一覧

腎不全

腎不全の原因慢性の腎不全の原因のほとんどが腎臓の病気からです。腎臓疾患が悪化すると、腎不全が起こります。病気が原因の場合は、慢性腎炎、糖尿病性腎症、腎硬化症(じんこうかしょう)、嚢胞腎(のうほうじん)などになると腎不全になりやすくなります。最近の傾向では糖尿病性腎症が増えてきています。慢性腎炎は菌に...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク