助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

COPD(慢性閉塞性肺疾患)と喫煙

COPDの最大の原因はタバコです。COPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因の90%以上は喫煙です。さらに喫煙者の約20%はCOPDを発症します。これは恐ろしい数値です。

 

また、タバコの害は男性に比べ女性のほうが害を受けやすくできているそうで、女性の方は一層の気をつけないといけません。

 

COPDの恐ろしい所はゆっくり時間をかけて気管支と肺を蝕んでいくことです。タバコを吸ってるけど異常は無い、と感じている方でもゆっくりと、そして着実に病気が進行しているかもしれないのです。

 

さらに、肺気腫の初期症状そのものはせきやたんなどたいしたことがないため、末期に近づいて始めて病気が進行しているいると気が付つく患者さんが多いのです。

 

タバコは一刻も早くやめましょう。そして健康診断を受け、肺の状態を見てもらうことを勧めます。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)と喫煙関連ページ

COPD(慢性閉塞性肺疾患)
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
COPD(慢性閉塞性肺疾患)の恐ろしさ
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください

スポンサードリンク