助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因

大気中の有害物質やガスを吸い込むことで、肺胞が破壊されるのがCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因です。

 

その有害物質の中でも最も関係性があるのが喫煙です。さらに普通にタバコを吸うのも問題がありますが、受動喫煙でも肺に与える影響が大きいこともわかっています。

 

喫煙以外でCOPDの原因としては、排気ガス、粉塵や化学物質などの吸引です。そして年齢が高くなるにつれリスクが高まるのも忘れてはいけません。

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の予防

COPD発症原因の約9割は喫煙とされています。さらに喫煙者の約2割はCOPDを発症します。

 

特に長期にわたる喫煙習慣が危険で、ゆっくりと進行するため、年齢が上がるにつれ危険性が高まります。

 

10年以上の喫煙歴、ヘビースモーカー、チェーンスモーカーにおいてはCOPD(慢性閉塞性肺疾患)発症リスクがさらに高まります。

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の症状

少しの動作での息切れ、長引く咳、たんなどの症状があらわれます。

 

長い年月をかけてゆっくりと進行するため、病気である自覚がしにくいです。年齢による衰えと勘違いし、見過ごされがちになります。タバコを吸う人は早めに受診しましょう。

 

さらに詳しくはCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の恐ろしさをご覧ください。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)関連ページ

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の恐ろしさ
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
COPD(慢性閉塞性肺疾患)と喫煙
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください

スポンサードリンク