助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

以前は肺気腫、慢性気管支炎と呼ばれていたもので、慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、呼吸器疾患の一つで、死よりも恐ろしい病気として有名な病気です。別名は煙草病というほどタバコと関係しています。

 

日本では死因の10位、男性に限ると7位を占めている。

 

主に喫煙(受動喫煙を含む)、他には一部排気ガス、様々な有毒なガスなどが原因で発病します。

 

肺胞の破壊や気道炎症が起き、息切れ、咳嗽、喀痰などの症状が起きる。

 

2005年には世界中で年間300万人がCOPDにより命を落とし、世界死亡原因の第4位に位置し、今後10年間でさらに30%増加すると予測されています。

 

COPDは治療薬などで完全に治すことはできません。一度壊れてしまった肺は元に戻らないからです。

 

それではさらに詳しく見ていきましょう。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)記事一覧

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因大気中の有害物質やガスを吸い込むことで、肺胞が破壊されるのがCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因です。その有害物質の中でも最も関係性があるのが喫煙です。さらに普通にタバコを吸うのも問題がありますが、受動喫煙でも肺に与える影響が大きいこともわかっています。喫煙以外でCO...

≫続きを読む

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の恐ろしさ

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、死よりも恐ろしい病気と呼ばれるほど苦痛を伴う病気です。初期には息苦しさ、せき、たんがでるようになります。そして症状が悪化するにつれて、しだいに呼吸困難などの症状があらわれていきます。軽い運動でも激しい呼吸困難に陥ることから、寝たきりになります。すると運動能力の低下、免...

≫続きを読む

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)と喫煙

COPDの最大の原因はタバコです。COPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因の90%以上は喫煙です。さらに喫煙者の約20%はCOPDを発症します。これは恐ろしい数値です。また、タバコの害は男性に比べ女性のほうが害を受けやすくできているそうで、女性の方は一層の気をつけないといけません。COPDの恐ろしい所はゆ...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク