助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

自殺

自殺は現在死因の第7位を占めています。自殺は他の病気と違い、自らの意志で行ってしまいます。

 

このサイトを見ている方ですので自ら命を絶ちたいと考えている人はいないでしょうが、8位というのをご覧になってもわかると思いますが、その選択をする人は意外と多いのです。

 

自分には関係の無いことだと安易に考えてはいけません。何がキッカケでそうなってしまうかわからないのです。

 

事前にそうならないよう対策、心構えを持っておきましょう。

 

平成22年の自殺者の自殺の原因・動機別件数は以下のようになります。

 

原因・動機特定者は2万3,572人(74.4%)
原因・動機不特定者は8,118人(25.6%)

 

  • 健康問題 1万5,802人
  • 経済・生活問題  7,438人
  • 家庭問題 4,497人
  • 勤務問題 2,590人
  • 男女問題 1,103人
  • 学校問題 371人

 

となっています。 また、健康問題の内訳では、病気の悩みとうつ病が高い割合を示しています。

 

この病気の悩みというのが大きな関わりがあります。この中には癌などの治らないと宣告された方が大勢いると思われます。

 

つまり、私は絶対自殺しない、と考えている人でも他人事ではないのです。実際は本当の意味での死因は癌などであることも多いでしょう。

 

それではさらに詳しく見ていきましょう。

自殺記事一覧

他の病気

自殺として知っておかなければならないのが、その原因が他の病気を苦にして行うことが多いということです。これはつまり、副作用のある薬の摂取や半身麻痺のリハビリなどの闘病生活は自らの命を絶ちたいと思うほど過酷だということを意味しています。私達はそのことを深く理解しなくてはいけません。健康体でいることがいか...

≫続きを読む

 

鬱病

自ら命を絶とうとする人にはうつ病を患っている方がかなりの割合います。このサイトに来ているわけですから命を絶とうとしている人はいないと思いますが、うつ病に今後ならないという保証はどこにもありません。実は現在、一生のうち15人に1人がうつ病になる時代になっています。もし、自分がうつになったらどうなると思...

≫続きを読む

 

ストレス

自ら命を絶つ行為をする背景に自己に収まりきれないほどのストレスというものがあります。原因・動機には家庭問題、勤務問題、男女問題、学校問題などがありますが、多くはストレスに関係しています。さらにストレスは健康も脅かします。ストレスで胃痛が起きるなどが典型ですね。心の歪みが身体をも傷つけるのです。詳しく...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク