助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

脳内出血・くも膜下出血

脳内出血とは、脳内の血管が破れてしまうことにより引き起こされます。脳梗塞は脳内の血管が詰まることによって引き起こされる病気です。

 

脳内出血・くも膜下出血は、高齢者に多いとされていましたが、近年の食生活や生活習慣の変化により年齢が若い人にも増えています。

 

死亡率は75%に達するとされるほど高い病気です。

 

脳内出血の原因

脳内出血は、脳内で裂けて出血する病気です。脳出血の最大の要因は、高血圧と動脈硬化です。

 

また、くも膜下出血も高血圧、動脈硬化によって動脈瘤が破裂するのが主な要因です。

 

そして高い確率で脳内出血・くも膜下出血になった患者は高血圧であることがあります。

 

脳内出血の予防

脳出血を起こす最大の原因は高血圧であることは間違いありません。血圧が高い人ほど、脳の中の血管に負荷がかかります。すると小さな動脈瘤ができてしまうのです。

 

これが時限爆弾となります。血圧がより高くなる、外的要因(気温差など)、内的要因(ストレスなど)がキッカケで動脈瘤が破裂します。

 

高血圧の人は要注意と言えます。脳内出血・くも膜下出血特有の予防法としては、血圧自体を改善するのはもちろんですが、脳内出血・くも膜下の対処法として血圧のコントロールに努めるということです。

 

脳出血が起きるキッカケとしては、過労や冬の寒さなどが関係しています。気温差が激しい場所も危険です。血圧が急激に変わってしまいます 。

 

例えば暖かい部屋から薄着のまま外に出ない、寒い日にすぐに風呂につからないなど気温の変化に注意しましょう。

 

ストレスも溜め込むと血圧に悪いので注意が必要です。また、攻撃的な性格、カッとなりやすい性格は血圧を短期間で上昇させるため注意が必要です。

 

脳内出血の症状

脳内出血の前兆を気にする方が多いようですが、脳出血の発作は突然起こります。残念ながら前ぶれとなるような症状はまれです。あるとした場合は以下のとおりです。

 

  • 意識がなくなる
  • 体の半身が動かなくなる
  • 感覚に違和感がある
  • ろれつが回らなくなる
  • 言葉が上手く出ない
  • 視野が狭くなる

脳内出血・くも膜下出血関連ページ

脳梗塞
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
高血圧
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
脂質異常症
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
糖尿病
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
脳血管疾患・脳卒中と肥満
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
脳血管疾患・脳卒中と飲酒・喫煙
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください

スポンサードリンク