助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

脳梗塞

脳梗塞は、近年増加傾向にある病気です。欧米化が進んだ日本は生活習慣から繋がる動脈硬化などが脳梗塞のリスクを高めています。

 

脳梗塞は脳の動脈が詰まることで起き、そのことで脳に酸素が行き届かなくなり壊死を起こします。

 

また、様々な障害を起こすことでも知られており、その上大変死亡率の高い病気です。一命を取り留めた場合でも、後遺症が高い確率で付随します。

 

さらに脳梗塞のほとんどは、突然の発作で、病状がでてから数分から数時間で脳の組織が壊死してしまいます。

 

つまり、病院での検査と予防がとても重要な病気と言えるのです。

 

脳梗塞の原因

脳梗塞の原因は、動脈硬化による血管の詰まりと、血栓ができることによって脳の血管に詰まる場合です。

 

そして、脳梗塞の原因のそのほとんどは動脈硬化とされています。

 

それでは、脳梗塞の原因である動脈硬化の原因とは何なのでしょうか?他のページでも説明していますが主な原因は、「高血圧」、「高脂血症」、「糖尿病」、「肥満」などです。

 

脳梗塞特有の特徴として発症に夏が多いというのがあります。脳内出血やくも膜下出血は冬が多いのにもです。

 

その理由は暑さのせいで水分が失われ血中がドロドロになりやすく、詰まりやすくなるからです。十分な水分補給を心がけましょう。

 

脳梗塞の予防

脳梗塞は、脳の血管が極度に狭くなったり詰まってしまうことで、脳に栄養や酸素が行渡らなくなり、脳の組織が部分的に死んでしまう病気です。

 

脳梗塞の最大のリスク因子は高血圧、高脂血症、糖尿病と言われています。

 

そのため血圧を高める主原因の塩分の過剰摂取は注意が必要です。肉類の制限や甘いもの炭水化物ばかり食べている人は気をつけましょう。

 

食生活を気をつけ、定期的な運動をすることが予防対策になります。

 

脳梗塞の症状

脳梗塞の症状はなく、突発的に発症することが多いです。ですが自覚できる症状にはこういったものがあります。

 

  • しびれを感じる
  • 手の力が抜ける、入らない
  • めまいがする
  • ろれつが回らなくなる
  • 歩けなくなる
  • 立てなくなる
  • 簡単なことが理解できなくなる
  • 文字が掛けなくなる
  • 物が二重に見える
  • 片側の目が見えなくなる

脳梗塞関連ページ

脳内出血・くも膜下出血
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
高血圧
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
脂質異常症
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
糖尿病
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
脳血管疾患・脳卒中と肥満
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
脳血管疾患・脳卒中と飲酒・喫煙
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください

スポンサードリンク