助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

狭心症・心筋梗塞

狭心症は心筋梗塞の一歩手前とも言える病気です。狭心症は心臓に酸素や栄養を運んでいる冠動脈が細くなり、血液が十分に流れなくなっていく病気です。

 

十分な酸素や栄養素が心臓に来ないことでざまざまな悪影響が起こり、心筋梗塞に移行しやすいという特徴を持っています。

 

一方、心筋梗塞は、冠動脈が完全に詰まって血流が止まっている状況を指します。心筋が壊死(えし)を起こします。

 

その結果、心臓の機能が失われ命を落とすことも珍しくない病気です。発作後急死することもよくあり、胸が激しく痛み出した場合、一刻も早く救急車を呼び病院で治療を受けましょう。

 

狭心症・心筋梗塞の原因

狭心症、心筋梗塞の原因は、動脈硬化が進行することと血管内に脂肪などの固まりが原因で血栓ができてしまうことにあります。

 

これは、食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣が大いに影響を与えており、それらの原因が重なると相乗効果のようにリスクが高まる特徴があります。

 

これらのリスクを何個消せるか、というのが重要と言えます。もちろん全リスクを消すことが一番ですが、自分ができると思う順番でリスク要因を消していきましょう。

 

また、動脈硬化は高脂血症、糖尿病などの病気がある場合もリスクが高まります。やはり満遍なく生活習慣を見直し、長期的に体に良い生活をすることが大切です。

 

狭心症・心筋梗塞の予防

上で述べたように動脈硬化が進行すること、血管内に脂肪などの固まる、この二つを阻止することが狭心症・心筋梗塞の予防となります。

 

ですが動脈硬化は加齢とともに進行もし、年齢が高くなるにつれ罹りやすい病気と言えます。

 

そして、動脈硬化は急になるわけではなく、若いころから徐々に配水管にできる錆のようにできていきます。

 

つまり、動脈硬化を予防するには長い年月をかけて若いうちから行う根気のいる作業をこなさなければならないのです。

 

狭心症・心筋梗塞は喫煙、高血圧、高脂血症が特に単独でもリスクの高い要因になります。

 

この三つを重点的に改善していきましょう。高血圧、高脂血症の改善は食生活での脂身の多い肉など動物性脂肪の食べ過ぎの注意、緑黄色野菜、豆類などを積極的に取る、適度な運動を行うなどが有効です。

 

他にもストレスを解消する、規則正しい睡眠で休息をとる、塩分をとり過ぎない、アルコールを飲みすぎないなども行いましょう。

 

狭心症・心筋梗塞の症状

狭心症は胸が圧迫されるような発作ですが、数分程度で回復して症状が治まるのが特徴で、逆に心筋梗塞は胸痛が10分以上持続します。

 

他にも呼吸困難や吐き気、冷や汗などをともなうこともあります。

狭心症・心筋梗塞関連ページ

心臓病全般にある症状
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
動脈瘤
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
心疾患・心臓病と喫煙
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
心疾患・心臓病と食事
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
心疾患・心臓病と運動
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
心疾患・心臓病と病気
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
心疾患・心臓病とストレス、性格
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
歳をとること
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください

スポンサードリンク