助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

心疾患・心臓病

心臓病は日本人の死亡原因で癌に次いで2位の病気です。 なかでも、狭心症や心筋梗塞のような日ごろの生活が関連している心臓病が増えているのが最近の傾向です。

 

心臓病は様々ありますが下記のようなものが主です。日ごろの生活行動で発症リスクを軽減できるのが主に、狭心症、心筋梗塞、動脈瘤です。

 

ですが心臓病は原因がはっきり特定されていない症状も多いのも特徴と言えます。

 

狭心症

心臓の筋肉に酸素を供給している冠動脈が異変を起こすこと(動脈硬化など)による一過性の胸痛・胸部圧迫感などをさします。虚血性心疾患の1つです。

 

心筋梗塞

心臓が栄養源としている冠動脈に流れる血液が閉塞や狭窄などを起こして減少し、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態を指します。通心臓麻痺・心臓発作とも呼ばれます。虚血性心疾患のうちの一つです。

 

動脈瘤

動脈瘤は心臓の根本の太い血管である大動脈に瘤のようなものが発生する病気です。大動脈瘤は大動脈の壁の一部が血圧に耐えきれなくなる病気で、ある一定の大きさを超えると破裂して体内で大出血を起こします。

 

不整脈

不整脈とは心臓の収縮と拡張を繰り返す拍動のリズムが乱れる状態を指します。心拍数が少なくなる、突然多くなる、不規則になったりします。不整脈は寝不足や過労、そしてストレスによって悪化することもありますので生活面での注意が必要です。

 

症状としては、動悸、めまい、失神、胸部違和感、息切れ、胸痛などの症状があります。

 

心筋症

心筋症は心臓の筋肉が肥大したり変性してくる病気で、ウイルス感染や遺伝の関与もあるといわれていますが、はっきりとした原因はわかっていません。心臓の筋肉が減少して心臓の壁が薄くなったり、逆に心筋細胞が肥大し壁が厚くなるなどの症状があります。

 

初期段階では自覚症状があまりなく、易疲労感・倦怠感や運動時に動悸が起こる程度なため、発見が遅れてしまうことも多い症状です。

 

弁膜症

心臓にある4つの弁の中のどれかがスムーズに開閉しなくなったり、心臓のポンプとしての働きができなくなる病気です。

 

心臓弁膜症は軽い場合には症状がないことが多く、息切れ、呼吸困難、むくみなどの症状が出てきます。

 

心不全

心不全は特定の疾患ではなく、病態・症候の通名です。つまり、何らかの原因により心臓ポンプの力が弱って体内を血液がうまく循環しなくなった状態をまとめて心不全といいます。

 

顔や手足がむくむ、軽い運動で息切れ、尿が少なくなる、体重の増加したりします。病気が進行するとと、肺に水が溜まるなども起きます。

 

ではもっと詳しく見ていきましょう。

心疾患・心臓病記事一覧

心臓病全般にある症状

心臓病全般にある症状は以下の様なものがあります。必ず心臓病の症状というわけではありませんが、長期的に症状が出ている場合は病院で見てもらいましょう。胸の圧迫感 胸の不安感胸の違和感冷や汗息切れ動悸めまい軽い運動で起こる胸の痛み持続性のある胸痛、動悸呼吸困難吐き気安静時の胸の痛み

≫続きを読む

 

狭心症・心筋梗塞

狭心症は心筋梗塞の一歩手前とも言える病気です。狭心症は心臓に酸素や栄養を運んでいる冠動脈が細くなり、血液が十分に流れなくなっていく病気です。十分な酸素や栄養素が心臓に来ないことでざまざまな悪影響が起こり、心筋梗塞に移行しやすいという特徴を持っています。一方、心筋梗塞は、冠動脈が完全に詰まって血流が止...

≫続きを読む

 

動脈瘤

動脈瘤は血管の動脈内に起こる病気です。動脈のかべ(動脈壁)が何らかの原因で脆くなり、その部分が血流に押されて徐々に膨張することで血管の一部がこぶのような形状になり、破裂してしまう病気です。さらに大動脈瘤は、もし破裂したらその死亡率は80?90%にも達するとされています。いったん動脈瘤ができてしまうと...

≫続きを読む

 

心疾患・心臓病と喫煙

心臓病にとってタバコは非常にリスク要因を高める原因の一つとなっています。なぜなら心臓病にとって危険な高血圧、動脈硬化を引き起こしてしまうからです。タバコは血圧に対して即効的な影響を持っています。1本タバコを吸う場合、吸った瞬間に血圧は10から20上昇するとされています。これはかなり心臓に負担のかけて...

≫続きを読む

 

心疾患・心臓病と食事

食事で心臓病を予防しましょう。心臓にとって大切なのが、高血圧、高コレステロール、高血糖の改善です。塩分の制限塩分の過剰摂取は高血圧の主原因です。1日10グラム未満が健康的な摂取量です。(だいたいラーメン1杯で5〜6グラム、みそ汁1杯で1.5〜2グラム程度の食塩が入っています。)コレステロールを抑える...

≫続きを読む

 

心疾患・心臓病と運動

運動は非常に心臓病予防に効果的です。主に二つの効果があります。まず、心臓自体に効果が有る。運動すれば、副交感神経という心身のバランスを調節する神経を高めてくれます。その結果、心拍数の低下、血圧の低下、不整脈の防止につながります。もう一つがその他の悪い要因の予防。運動することにより最大の敵、動脈硬化の...

≫続きを読む

 

心疾患・心臓病と病気

高脂血症、高血圧、喫煙は単独でもリスクの高い要因になりますが、さらに糖尿病などの状態でいるとリスクが高まります。主に高脂血症、糖尿病、高血圧症が重要です。さらにこの危険因子の病気が二重三重で加わると、相乗効果で危険率が跳ね上がります。そして喫煙も危険率が跳ね上がる一要因として扱われます。

≫続きを読む

 

心疾患・心臓病とストレス、性格

心臓病の危険因子として特徴的なのがストレスです。過度のストレスがあると自律神経や内分泌系に異常が起きてしまいます。すると、血圧異常、血糖値上昇、心拍数上昇、心臓への負荷の上昇がおき、長期的に続くと心臓に異常が起こるリスクが高まります。さらにストレスは暴飲暴食、過度の飲酒、 喫煙、慢性不眠を引き起こす...

≫続きを読む

 

歳をとること

加齢とともに心臓病を患っている人は増加します。動脈硬化は加齢により進行し、防ぐ事は非常に困難です。さらに健康な人でも年齢とともに心臓機能は低下していきます。ですので高齢の方はより一層他のリスクを減らしていくことが大切だと言えます。

≫続きを読む

 

スポンサードリンク