助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

まずはわかりやすい癌の説明から始めます。

 

癌(悪性腫瘍)とは、体内を作る細胞が変異し、身体に悪い影響を与える事を指します。

 

人間の体は全て、様々な細胞によって作られています。この細胞が変異することで癌が生まれます。

 

通常、細胞は分裂増殖を行います。そうすることにより、我々の体は正常に保たれるため、細胞分裂自体は必要不可欠なものと言えます。

 

しかし何かしらの原因により細胞が正常に作動せず、本来と違った分裂増殖することがあるのです。

 

通常はある程度成熟した細胞は自ら死滅するのですが、ガン細胞にはそれがなく、永遠に増殖し、なおかつ増殖のスピードが通常細胞より速い特徴を持ちます。

 

これらによってできたシコリを「腫瘍」と呼びます。ただし腫瘍自体に問題があるわけではありません。

 

腫瘍には良性のものと悪性のものがあるのです。

 

まず良性腫瘍。これは癌ではなく、特に問題のあるべきものではありません。転移・再発もなく、命を脅かすことはありません。

 

しかし悪性腫瘍。これが問題になります。これはつまり癌のことを指します。これが我々の命を奪う大病になります。

 

癌には三つの特徴があります。発育、転移、再発です。

 

発育は癌細胞が周りの組織や器官を侵食し、成長、破壊していくことです。

 

転移は癌細胞が血管等を通り、体の他の部位全体に広がり、新しい癌をばら撒きます。

 

再発は腫瘍を切除したとしても時間の経過と共に再び癌が発現することです。

 

この三つがあることで癌は治しにくく死亡率が高いのです。

 

ではこれから癌の細かいデータを見ていきましょう。

癌記事一覧

癌の統計・データ

2011年の死亡数が多い部位は順に     1位   2位   3位   4位   5位男性  肺    胃    大腸  肝臓  膵臓女性  大腸   肺    胃    膵臓  乳房男女  肺    胃    大腸  肝臓  膵臓どの部位のがん死亡が多いかはこうなっています。//////////...

≫続きを読む

 

早期発見

がんは早期発見・早期治療が最重要な病気です。がんというのは、病状がかなり進行してくるまで自覚症状が無い場合が多く、自覚症状が出た段階では、すでに対処の方法が無い場合が多いという恐ろしい病気です。さらにがんは、発生から時間経過とともに全身へ広がっていく可能性が高まります。完治することを考慮すれば、外科...

≫続きを読む

 

癌の基本的自覚症状

最良は健康診断での自覚症状が無い状態での発見です。癌は自覚症状が出た頃には、ある程度病気が進行してる場合が多く、間に合わないことがあるためです。ですが、自覚症状が出た場合でも、すぐに治療することは大切ですので無駄ではありません。その場合どういった症状が癌の初期症状かを前もって知っておくことが大切だと...

≫続きを読む

 

各部位での癌の症状

癌はできる部位で症状が違います。各部位で起こる症状をご説明します。しかし、最も覚えておいて欲しいのが、症状がまったく無い癌が沢山あるということです。肺癌の症状長期間続く咳や胸痛、息をする時ヒューヒュー、ゼーゼーと音が鳴る、血痰、声の異常、顔や首のむくみなどがあります。胃癌症状胃は癌が大きく進行しても...

≫続きを読む

 

肺癌

肺癌について述べる前にひとつ。このサイトでは癌の細かい医学的説明は省いています。なぜなら医療初心者が知っていてもあまり役に立たないからです。例えば肺癌。肺癌は小細胞癌と非小細胞癌の2つの型に大きく分類され、さらに、非小細胞肺癌は腺癌、扁平上皮癌、大細胞癌、腺扁平上皮癌などに分けられます。しかし、この...

≫続きを読む

 

胃癌

胃癌の原因胃癌のリスク要因には色々ありますが、決定的な原因はなく、複数のリスクが重なって胃癌は発生すると考えられています。胃癌は日常の食生活が重要です。塩分の摂りすぎ、特定の食品添加物、魚のコゲなどを取らないことが重要です。タバコも過度な飲酒も胃がんのリスクを上げます。胃がんで特徴的なのがピロリ菌の...

≫続きを読む

 

肝臓癌

肝臓癌の原因肝癌は、肺癌や子宮頸癌のように、主要な発生要因が明らかになっているがんの1つになります。主な原因は、肝炎ウイルスというものにあります。ウイルスの持続感染によって、肝細胞で長期的に炎症を繰り返すと、肝癌のリスクが高まります。日本では、肝細胞癌の80%がC型肝炎ウイルス(HCV)、15%がB...

≫続きを読む

 

大腸癌

大腸癌の原因大腸癌は、遺伝的要因が強い癌です。親族に大腸癌にかかったことのある場合は、大腸癌になるリスクが高まります。食生活も重要で肥満体の方はリスクが高くなります。また、飲酒や過度の肉の取り過ぎも大腸癌のリスクとされています。喫煙の場合、大腸癌のリスク要因とする科学的根拠は不十分です。、しかし証明...

≫続きを読む

 

膵臓癌

膵臓癌の原因今のところ膵臓癌に関しては医学的に決定的なものは証明されていません。ある程度のリスク要因として確立されているのは、喫煙だけです。その他、飲酒やコーヒーは膵臓癌との関連を疑われていましたが、今のところ否定的な意見が多いようです。その他、糖尿病患者、アルコール依存症クラスの飲酒によってリスク...

≫続きを読む

 

食道癌

食道癌の原因食道がんは喫煙と飲酒が確立したリスク要因とされています。統計的に見ると食道癌はブラジルやウルグアイでよく見られます。その原因として考えられるのが、熱いマテ茶を飲む習慣です。つまり、熱い飲み物を日常的に飲むことが食道癌のリスクを上げることに繋がるということが考えられえています。日本でも熱い...

≫続きを読む

 

前立腺癌

前立腺癌の原因前立腺は男性にだけあり、精液の一部をつくる臓器です。遺伝子の異常が原因と言われていますが、詳細なことはわかっていないのが現状です。前立腺癌の確立したリスク要因は、年齢(高齢者)、人種(黒人)、家系(遺伝)とされています。前立腺癌の予防予防も絶対的なものではありませんが、脂質、乳製品、カ...

≫続きを読む

 

乳癌

乳癌の原因乳癌の原因とされているのが第一に体内で作られるホルモン、エストロゲンです。このエストロゲンは妊娠・出産経験の有無で変化が見られ、妊娠をするとエストロゲンの影響が下がり乳癌になるリスクを下げます。生活習慣も関係しており飲酒、運動不足は発癌リスクを高めます。遺伝も関係しており、一親等内の乳がん...

≫続きを読む

 

子宮頸癌

子宮頸癌の原因子宮頸癌(しきゅうけいがん)はその他の癌と異なり、はっきりとした原因究明がされています。子宮頸癌の原因は、ほぼ100%、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染であることが証明されています。このヒトパピローマウイルス(HPV)は性交渉によって感染すると考えられています。さら...

≫続きを読む

 

その他癌

卵巣癌、胆のう癌、リンパ腫などはその他癌より発生率が低いためか、その他の癌より研究がなされておらず、原因、予防ははっきりされていません。これら癌やこれらより発生率の低い癌は癌全体に良いとされている、食事のコントロール、適度な運動、タバコ・アルコールの軽減などを行うと良いでしょう。病気にならないための...

≫続きを読む

 

癌と食事

食べること、飲むことが癌に関係しています。飲食を気をつけることによって癌のリスクを抑えることができます。しかし、確実に癌を抑制、予防できるという夢のような単一食品、栄養素は今のところ発見されていません。まず基本としては食品で癌を抑制するということではなく、癌のリスクを上げないよう心がけるということが...

≫続きを読む

 

癌と運動

運動をしている人と運動をしていない人では、前者の方が癌にかかりにくい傾向のあることが多数の研究で解明されています。癌全体でいえば運動している人は運動していない人に比べて癌の発生率は0.62倍も下がります。運動としてはエアロビクス運動のような適度に疲労する運動が効果的とされます。例えばジョギング、卓球...

≫続きを読む

 

癌と喫煙

喫煙はさまざまな癌の原因の中で、予防可能な最大の原因となります。研究結果では癌の死亡のうち、男性で40%、女性で5%は喫煙が原因だとされています。喫煙による癌死亡の相対リスクは、なんと男性で2.0倍、女性で1.6倍も上昇します。たばこの煙の中には、多環芳香族炭化水素化合物やニトロソアミン類などを主と...

≫続きを読む

 

癌とアルコール

WHO(世界保健機関)によると、飲酒は口腔・咽頭・喉頭・食道・肝臓・大腸と女性の乳房の癌の原因となります。また厚生労働省多目的コホート研究 (2005年)でも、46-69g以上の飲酒は癌全体の死亡リスクを高めるとしています。さらに、少量の飲酒でも赤くなる体質の人はそうでない人より癌のリスクが高まりま...

≫続きを読む

 

癌と体形

肥満と癌全体との関係は、それほど強いリスク変化がないことが示されています。さらに、総コレステロール値と全癌の発生リスクとの関係は全搬的に弱いとされています。むしろ、やせている人のほうが癌になりやすい結果がでています。非常にやせているグループの癌全体の発生率の増加は普通の人の体重に比べ、約30%高くな...

≫続きを読む

 

癌と遺伝的体質

癌家系という言葉がありますが、癌と遺伝は関係あるのでしょうか?癌と遺伝は現在わからないことが多い、というのが現状です。しかし癌の種類によっては遺伝の影響がかなり大きいものもあるのがわかってきました。大腸癌、乳癌、卵巣癌は遺伝的要素があるとされています。今現在では一部遺伝する癌があるとされていますが、...

≫続きを読む

 

癌と感染

感染によって癌が発生する場合があります。注意してほしいのが癌自体が移るということではないということです。癌の原因になっているウイルスや細菌が移るのです。ですので癌患者との接触を避けるというのは間違っています。パピローマウイルス→子宮頚癌C型肝炎ウイルス→肝臓癌ヘリコバクター・ピロリ菌→胃癌が、ウイル...

≫続きを読む

 

その他発ガン促進要因

その他、発ガン促進要因をご紹介します。発ガン促進要因低栄養大気汚染カビ食品添加物

≫続きを読む

 

スポンサードリンク