助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

糖尿病

糖尿病とは、血糖値が高くなる病気を指します。さらに言うと、糖質(血糖)を調節するインスリンというホルモン(膵臓から分泌される)が不足したりすることで、常に血糖が高い状態になる病気です。

 

自覚症状に乏しく、重篤な合併症を引き起こす特徴があります。現在患者数は日本に約700万人いるといわれており、さらに増加傾向にあります。女性の死因の9位に位置します。

 

また死因率では男女総合上位10位には入っていないものの、「死亡の原因となっている病気で最も多いのは糖尿病だ」という説があるほど、合併症、間接的な要因として死をもたらす非常に危険な病気と言えます。

 

生活習慣病として非常に日々の生活が大切な病気で食事、運動などの様々な要因を複合的に努力、維持すれば癌などと違い、基本的には糖尿病になることを回避できます。

 

それではさらに詳しく見ていきましょう。

糖尿病記事一覧

糖尿病

糖尿病の原因1型糖尿病の原因は、遺伝や環境が原因とも言われていますが、はっきりとはわかっていないというのが現実です。ですので糖尿病では主に糖尿病患者の95パーセントを占める2型糖尿病を主に記述します。食事、運動不足、肥満などの原因の糖尿病は2型になります。2型糖尿病の主な原因は、内臓脂肪の増加や運動...

≫続きを読む

 

糖尿病と食事

適度なエネルギー量にする大前提として自分に必要なカロリー以上を取ってはいけません。何を食べたら糖尿病に良い、という情報もありますが、そんなことよりも大前提はコレだけです。必要以上に食べてはいけない、そしてもし仮に必要以上のカロリーをとってしまう場合はその分運動をする。それが全てです。まず自分がどれく...

≫続きを読む

 

糖尿病と運動

運動することは、余分に摂取したカロリーの消費や血糖値を下げるのにとても良い行為です。運動不足はインスリンの働きを悪くすることもわかっています。しかし現在、運度をしていない人が増えています。特に日常生活や仕事などで運動をこなさない人は運動不足な可能性が高いです。スポーツなどの趣味を持つなど、進んで運動...

≫続きを読む

 

糖尿病と飲酒

アルコールも糖尿病に一見悪いように見えますが、実は適度な飲酒は糖尿病の発病に抑制的に働く可能性があるとされています。研究でもいくつかは適度なアルコール摂取は悪くないとでています。アルコールの適量は1日平均のアルコール量で約20gです。これは日本酒換算で1合、ビールなら中瓶1本、ワインは2杯程度が目安...

≫続きを読む

 

糖尿病と肥満

肥満は、糖尿病の原因としてもっとも重要とされています。肥満の体型だと体脂肪が増えることにより糖尿病で重要なインスリンの働きが悪くなるのです。肥満の方は普通の方より、常時、膵臓から分泌されるインスリンをたくさん出さなければいけません。このインスリンを大量に分泌している状態が長期間続くと、膵臓が疲弊し、...

≫続きを読む

 

糖尿病とストレス

大きなストレスや持続的なストレスは、インスリンの作用を弱めてしまうホルモンの分泌を促進してしまいます。インスリン抵抗性ホルモンと言うのですが、このホルモンが分泌され続けると、インスリンの働きが弱くなり、血糖値が下がらず、結果糖尿病になってしまうのです。これにはストレスの解決法を探すのが一番です。一番...

≫続きを読む

 

糖尿病と加齢

高齢になると、膵臓の働きが弱くなります。そうするとインスリンの分泌量が少なくなり、血糖がなかなか下がらなくなってしまいます。すると糖尿病になりやすい高血糖の状態が続いてしまうのです。高齢になればなるほど気をつけなければいけません。

≫続きを読む

 

糖尿病と遺伝

糖尿病は遺伝と大きな関係があります。簡単に言ってしまえば家系に糖尿病の方がいる人は糖尿病になりやすいです。両親が共に糖尿病の場合は、子供は50%の確立で、両親のどちらか一方が糖尿病の場合は、30%の確率で糖尿病になるとされています。

≫続きを読む

 

スポンサードリンク