助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

肝硬変

慢性の肝障害の進行によって、肝細胞が死滅、減少し、肝臓が硬く変化します。すると肝機能が著しく落ち、そうした状態のことを肝硬変と言います。

 

肝硬変の原因

肝硬変患者は60%がC型肝硬変、15%がB型肝硬変、12%がアルコール性肝硬変の割合になります。

 

ウイルスによる肝硬変は特別な感染経路なため、アルコール性の肝硬変とは違い、自分では防ぎようがないのが実情です。

 

肝硬変の予防

肝硬変は、ウイルス性肝炎から進展することが多いので、ウイルス性肝炎にかからないことが予防の第一歩です。

 

B型肝炎とC型肝炎は共に、血液、体液を介して感染しますので、このウイルス感染者の血や体液に触れないことが重要です。

 

アルコール性の肝硬変は日本酒にして3合以上を毎日摂取していると、アルコール性肝障害による肝硬変が発症してきます。

 

なのでそれ以下にとどめ、週何回かの休肝日を設けることが大切です。

 

肝硬変の症状

肝硬変はほとんど自覚症状はありません。肝硬変が重度に進行した場合、尿の色が濃くなる、むくむ、腹水などが起こります。

肝硬変関連ページ

肝疾患
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
脂肪肝
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
肝炎
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください

スポンサードリンク