助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

肝炎

肝炎は急性肝炎と慢性肝炎があります。

 

急性肝炎はウイルスに感染してから数週間から数ヵ月後に発症します。急性肝炎の治療法は入院して安静にしていれば安全で、基本的に命に関わるような病気ではありません。

 

慢性肝炎は急性肝炎が治りきらず、6ヶ月以上にわたって発病している状態を指します。肝臓病の中で一番多い病気がこの慢性肝炎で、一部は肝硬変へ進みます。

 

肝炎の原因

肝炎の原因としてもっとも多いのがウイルスです。その他に肝炎を起こす原因として薬剤、アルコール、アレルギー等がありますが、日本人の肝炎の約80%が、ウイルスが原因とされています。

 

肝炎を引き起こすウィルスにはA型肝炎ウィルス(HAV)、B型肝炎ウィルス(HBV)、C型肝炎ウィルス(HCV)などが主です。

 

この中でA型肝炎は急性肝炎のみで、決して慢性化せずに治すことができます。B型慢性肝炎はほぼ母親から感染を受けたもので、C型慢性肝炎くの多くは輸血が原因になります。

 

肝炎の予防

A型肝炎は、流行性肝炎とも呼ばれ、ウイルスの経口感染によるもので、糞便やウイルスに汚染された水、野菜、魚介類などを食べることによって感染します。

 

B型肝炎、C型肝炎は特殊な感染ルートですので気にする必要は無いでしょう。

 

肝炎の症状

急性肝炎では発熱やだるさなどの症状が出ます。慢性肝炎ではよほどのことがないかぎり症状はありません。

肝炎関連ページ

肝疾患
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
脂肪肝
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
肝硬変
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください

スポンサードリンク