助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

脂肪肝

近年、脂肪肝が30代〜40代を中心に増えつつあります。欧米的な食生活を行っている人に多い病気です。

 

食べ過ぎや飲みすぎによって肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった状態のことを指します。

 

食事で摂った脂肪は、最終的に肝臓に送られます。しかし、糖分や脂質を摂りすぎると、肝臓に中性脂肪が溜まっていくのです。

 

簡単に言ってしまえば、脂肪肝とは、肝臓がフォアグラのような状態になった状態だと言えます。

 

脂肪肝の原因

主な原因は食事とアルコールです。この二つを行うことで肝臓に中性脂肪がたまっていきます。

 

高カロリーのものを食べ続ける、アルコールが大好きなどを長期的に続けるとなってしまいます。また運動をしないという要素が重なるとさらにリスクが高まります。

 

体重がうまくコントロールできていないのなら、肝細胞に脂肪が蓄積している可能性は高いです。

 

脂肪肝の予防

脂肪肝の原因の多くは、肥満、糖尿病、アルコールの過剰摂取です。それぞれが原因となっていたり、複合的に原因となっている場合、その原因を明らかにして行くことが大切です。

 

お酒なら、常習的にはビール500ml、日本酒1合、焼酎1合、ワイングラス1杯、ウイスキー1杯(ダブル)程度までが目安になります。

 

この3倍程度を飲んでいると大多数の人が脂肪肝に罹っているとされます。

 

食生活が原因の場合、肥満を直すのが大切です。摂取カロリーの制限と運動でまずは平均的な体重を目指しましょう。

 

脂肪肝の症状

脂肪肝には自覚症状がありません。ですので、定期的な健診を受けることが重要となります。

脂肪肝関連ページ

肝疾患
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
肝炎
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
肝硬変
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください

スポンサードリンク