助かり方 守り方 命 生命 予防 対策

肝疾患

肝疾患の原因

肝臓病の原因としては、ウイルス、薬物、アルコール、免疫、代謝異常などがあります。

 

重要なのはウイルス、アルコール、肥満です。

 

ウイルスによる肝炎は免疫反応により肝炎が引き起こされます。C型肝炎の多くは脂肪肝から数十年の後に肝硬変へと進みます。

 

アルコールの長期的な過剰摂取は脂肪肝などを引き起こします。

 

肥満の方も炎症が持続することがあるので肝硬変になりやすいです。

 

さらに肝硬変を放っておくと、肝臓がんへと進展してしまうことも少なくありません。

 

肝疾患の予防

予防法はそれぞれの原因によって、当然、異なりますが原因を見てもらったとおり、主にウイルス、アルコール、肥満を予防するのが重要です。

 

詳しくはそれぞれのページをご覧ください。

 

肝疾患の症状

自覚症状は初期の場合はほとんどありません。病状が進行していくと食欲不振、全身倦怠感、黄疸などがあります。

 

ですがその症状が出る前に病院の検査で知ることが大事です。

肝疾患関連ページ

脂肪肝
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
肝炎
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください
肝硬変
このサイトではあらゆる生命の危険を考え、自身やご家族の命の守り方をお伝えしていきます。姉妹サイトの地震・津波からの生き延び方も合わせてご覧ください

スポンサードリンク